大関修克 トップページ   |   最近の活動報告です   |    活動報告バックナンバー

活動報告バックナンバー

2015年12月15日
高齢者の肺炎球菌感染症定期予防接種
市に住民登録があり、今までに高齢者肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)を受けたことがない@、Aのかたが対象です。
@平成27年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になるかた
A満60歳以上65歳未満のかたで心臓やじん臓、呼吸器、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に厚生労働省令で定める身体障害者1級程度の障害を有するかた
(身体障害者手帳の写し、または医師の診断書が必要)
場所:指定の医療機関(医療機関へ要予約)
費用:5,000円(生活保護世帯は無料)
期日:平成28年3月31日(木)まで
◎対象期間を過ぎると定期接種として接種できません。
  平成30年度までは経過措置として対象年齢は5歳ごととなっていますが、
  平成31年度からは65歳のみ対象となります。
赤ちゃんにっこり応援事業
12月1日から「赤ちゃんにっこり応援事業」がスタートしました。
これは、子育て世代が住みやすいまちづくりを推進するため、新たに「赤ちゃんにっこり応援金」を支給するものです。(お問い合わせ : 子ども育成課 048-271-9672)
1.支給対象者
  ア.乳児・保護者とも市内に住所を有する者
  イ.平成27年4月1日以降に出生した1歳未満の乳児の保護者
  ウ.対象品目をレンタルもしくは購入及び母乳育児支援を利用した者
  エ.所得限度額未満の者(保育料算出の階層を引用し、所得制限を設ける)
2.支給限度額  乳児一人につき10,000円
3.支給対象品目
  @ベビーベッド Aベビーゲート   B抱っこ紐   Cベビーチェア
  Dベビーカー  Eチャイルドシート F3人乗り自転車
  G助産師による乳房マッサージ及び母乳の与え方の指導
(1回限り、上限額2,000円)
4.支給方法  償還払い。支給申請書に領収書を添えて申請。
2015年11月15日
川口市社会福祉大会
10月24日土曜日、川口リリアのメインホールにおいて、第34回川口市社会福祉大会がで開催されました。
金婚・ダイヤモンド婚を迎えられたご夫婦のお祝い、社会福祉功労者の表彰、元郷中学校の吹奏楽部による演奏、「10月25日福祉の日」PRのためのデザイン画の表彰などが行われました。
「新庁舎の建設」と「新市立高等学校の建設」
9月の川口市議会定例会において行われた奥ノ木川口市長による「市長所信」のうち、 「新庁舎の建設」と「新市立高等学校の建設」について抜粋してご紹介します。
「新庁舎の建設」について
新庁舎の基本構想につきましては、本年2月6日、川口市新庁舎建設基本構想・基本計画審議会から答申をいただきました。
その後も、委員の皆様には、市民の利便性、防災やバリアフリーに関わる機能及び整備方針など、新庁舎の基本計画につきまして慎重なご審議をいただき、去る8月19日、この答申をいただいたところであります。
これを踏まえ、今議会におきましては、まず、1期棟・2期棟の基本設計及び1期等の実施設計等の業務委託に係る補正予算議案につきまして、ご審議を賜りたいと存じます。
今後、高い確率で発生が予想される東京湾北部地震などの大災害に備えるためにも、災害対策本部機能を有する庁舎への建替えは喫緊の課題でありますので、平成31年中の1期棟完成を目指し、引き続き全力で取り組んで参る所存であります。
「新市立高等学校の建設」について
本事業は、生活福祉・教育問題特別委員会をはじめ、地元町会などからいただいた貴重なご意見をもとに、去る5月、実施設計が完了したところであります。
平成30年4月の開校に向けて、今議会におきましては、校舎棟建設工事に係る契約議案をご審議賜りたいと存じます。
新市立高等学校は、3つの市立高等学校がこれまで築いてきた歴史や伝統を引き継ぐことはもちろん、「文武両道」という基本理念に基づき、難関大学への進学を目指す生徒から、部活動では全国レベルで活躍したい生徒まで、幅広く、生徒の希望に応えられる学校を目指して参ります。また、建設に当たっては、鋳物や安行の植木などの市産品を可能な限り使用することといたしております。
今後とも、「教育都市川口」の実現に向け、新市立高等学校が本市の教育のリーディング校として県下一の高等学校となるよう、まずは本市で一番の学校を目指し、鋭利取り組んで参る所存であります。
2015年9月25日
市長所信
平成27年9月、川口市議会定例会での市長の所信(抜粋)を掲載いたします。
「川口市産品フェア2015」について
来る10月23日から25日までの3日間、SKIPシティを会場に開催いたします本事業でありますが、出展募集には予定を超えるご応募をいただき、84の企業と団体、107小間の出展が決定したところであります。
この出展が好機となり、具体的な成果として実を結ぶよう、受発注企業商談会、出展企業によるプレゼンテーションの場等も設けることといたしております。
また、地場産業の植木・花卉を中心とした「緑と花の販売コーナー」、市内生産食品等を紹介する「かわぐちグルメコーナー」をはじめ、映像による本市産業の紹介や講演会、ものづくり体験教室、野外ステージでの各種イベントなど、「知ろう・使おう・広げよう」と掲げた本事業のテーマを、幅広い層のかたがたに、より身近に感じていただける工夫を盛り込んで参ります。
会場へのアクセスにつきましても、川口駅、西川口駅、鳩ヶ谷駅からの無料シャトルバスを用意し、利便性を高めることといたしております。
「(仮称)川口市火葬施設及び(仮称)赤山歴史自然公園」について
火葬施設整備準備につきましては、先の6月市議会定例会におきまして補正予算のご議決をいただきました。
現在、平成29年12月の建物完成、平成30年4月の開設を目指し、12月市議会定例会に契約議案を上程できますよう、市内事業者や市産品の活用促進を念頭に置いた、総合評価方式による一般競争入札の手続きを進めているところであります。
2015年8月1日
「文化芸術振興施策に関する緊急要望書」を提出
7月22日(水)川口市役所において、「文化芸術振興施策に関する緊急要望書」を奥ノ木市長に提出しました。

< 写真 : 要望書を提出する大関のぶよし >

公明党川口市議団はこれまで、川口市に対して「文化芸術振興条例」の制定を求めています。
国は文化芸術振興に関する第4次基本方針を閣議決定し、2020年東京オリンピックを考慮した内容を発表しました。
川口市は東京に隣接した好立地であるため、この文化プログラムへの参画等を以下4点の要望書として提出しました。
 1.議員提案で提出予定の川口市文化芸術振興条例(案)を注視すること
 2.文化芸術振興による経済の活性化・雇用の促進に努めること
 3.文化芸術振興に特化した部局の見直しと体制の整備を行うこと
 4.東京オリンピック・パラリンピックの「文化プログラム」に参画すること
2015年7月17日
みんななかまバス 夏休み子ども運賃無料の社会実験
コミュニティバス(新郷循環)において、「みんななかまバス子ども無料券」を配布し
夏休み中に、子ども運賃無料の社会実験が行われます。
実施期間 : 8月10日〜20日
対象路線 : 新郷循環のみ
対 象 者 : 小学生
  (保護者同伴・保護者は運賃100円)
無 料 券 : 市役所、支所、川口駅前行政センター
  新郷循環近くの8小学校にて配布

2015年6月4日
実績報告 【 No,2】
第67代議長として各種会合で挨拶をさせて頂いた内容をご紹介する第二回です。
川口市体育三賞授与式
川口市スポーツ人合同新年会
本日、本市スポーツ界におきまして、最も栄誉ある「川口市体育賞」「大野元美記念体育賞」「押田記念体育賞」の各賞を受賞された皆さんおめでとうございます。
皆様方がスポーツに注がれましたひたむきな努力と大きな功績に対しまして心から敬意を表します。
拉致問題を考える川口の集い
拉致問題は、個人の自由を奪い、その意思に反して身柄を拘束するという、極めて悪質な犯罪行為であります。
政府による17名の認定被害者の方、及び拉致が疑われる多くの失踪者の方々がそろって笑顔で、ご家族の下に戻ることを願うばかりです。
川口市野球連盟総会
わが国の野球の歴史は、明治5年に現在の東京大学のアメリカ人の技師 ホーレス ライルソン氏がベースボールを伝えのが始まりであると聞き及んでいます。
現在では全国津々浦々にまで浸透しております 。
川口市、明るい街づくり運動推進大会
本日お集まりの皆様には常日頃より、青少年の健全な育成に対し、多大なるご尽力を賜り、心から感謝と御礼を申し上げます。人は「自分が大切にされているのか、それとも軽んじられているのか」そのことに敏感です。
「子どもを社会に貢献する人」に育てるには社会が子供を大切にしていることを子供たち自身に伝えることが大切である」と思います。
春の植木大せり市
平成5年の開催から今回で23回目を数え、川口春の風物詩として長く親しまれてます。
川口キャスティビジション
川口駅東口にて、川口商工会議所によりキャスティビジションを新しくしました。
2015年5月20日
実績報告 【 No,1】
第67代議長として各種会合で挨拶をさせていただいた内容を、5月・6月の2回に分けてご紹介します。
かわぐち光のファンタジー 点灯式
約31万ものLED電球を使用しています。
また電力を太陽光発電によるグリーン電力で賄うなど環境に配慮した取り組みとなっています。
平成26年度 川口産業功労表彰式
132名、17団体の皆様が表彰を受けました。
これまで本市の産業発展の礎を築き上げてきた皆様のご努力に対し、心より敬意と感謝を申し上げます。
第9回 小学生「身近な生き物」絵画コンクール表彰式
皆さんの作品はどれもたいへん素晴らしく、作品から溢れ出る優れた観察力に感心しました。
また川口市は大都市でありながら豊かな自然が残る素晴らしいまちであることも確認できました。
第33回 川口マラソン大会
川口マラソン大会が行なわれて、早33年になりました。
今年も全国から集まってのマラソンとなりました。
私も3キロコースを走らせていただきました。
川口市健康教育大会
「本日ご参加いただいております学校医および学校給食の関係者の皆様、そしてPTA皆様におかれましては児童・生徒の健康管理と保健教育に対し、日頃から多大なるご尽力を賜り厚く感謝と御礼を申し上げる次第でございます」とあいさつを行いました。
はたちの集い
今年、成人になられた皆さんは、5,887人と伺っております。
そして今年のサブタイトルは「Let It Go 自分らしく進め未来へ」で、「これからの未来に
ありのままの自分を大切にして、向かっていきましょう」という願いを込めたとのこと。
私は21世紀の世界劇場にさっそうと躍り出ていく皆さま達に是非とも伝えたい20世紀の
喜劇王がいます。チャールズ・チャップリンです。
第二次世界大戦中「独裁者」を映画で笑い飛ばしウソつきの本性を、あばいてみせた、チャップリン・何という勇気でしょうか、そんな彼も幼いころは、自信をもてず、貧乏のどん底でした。ある日、思わず「死」を口にします。
すると母は言いました。
「生きるのよ!お前の運命を全うするのよ」
この一言が、その後の不屈の人生を決めたのです。
 
チャップリンは「あなたの最高傑作は」との問に「ネクスト ワン」でありました。
次はもっとよくなる、よくしてみせる、明日は必ずすばらしくなるとの心でした。
どうかこの心で、21世紀の名優たる皆さんも「最高傑作の人生」を残していただきたいと
あいさつしました。
2015年4月1日
赤ちゃんにっこり応援事業
川口市では、平成27年4月1日以降に出生した1歳未満の乳児の保護者で、育児用品をレンタルもしくは購入及び母乳育児支援を利用した方を対象に「赤ちゃんにっこり応援金」が支給されます。
これは子育て世代が住みやすいまちづくりを推進するため新たに支給されるものです。
 事業開始日 平成27年12月1日
 支給対象者 ・乳児・保護者とも市内に住所を有する者
・平成27年4月1日以降に出生した1歳未満の乳児の保護者
・対象品目をレンタルもしくは購入及び母乳育児支援を利用した者
・所得限度額未満の者
 支給限度額 乳児一人につき10000円
 支給対象品 @ベビーベッド Aベビーゲート B抱っこ紐 Cベビーチェア
Dベビーカー  Eチャイルドシート F3人乗り自転車
G助産婦による乳房マッサ-ジ及び母乳の与え方の指導
(1回・上限2000円)
 支給方法 償還払い
平成27年12月1日以降、申請書に領収書を添えて提出して下さい
通話記録装置設置等業務委託事業
 事業目的 振込詐欺被害防止
 対 象 者 65才以上の一人暮らし、または老夫婦のみの世帯
また、日中独居の65才以上の高齢者世帯

※ 市内で300台の予定です。 詳細は「広報かわぐち6月号」に記載されます。

2015年3月17日
緊急要望書を提出
3月11日川口市役所の市長公室において、公明党川口市議団は奥ノ木市長に対し、緊急要望書を提出いたしました。
要望書の主な内容は以下の通りです。
◆ プレミアム付商品券発行事業についての緊急要望
1. 取扱加盟店を市内の多くの業種に参加していただくように
加盟登録料や換金手数料を免除すること
2. 速効性ある経済対策となるように、例年より早い時期の発売を目指し
準備を進めること
3. より多くの市民の家計に行き届くように、購入限度額を低く設定し
発行額面を使いやすい500円券とすること

4.

多くの市民が購入できるように周知徹底に努めること
◆ 子育て支援の更なる充実を求める要望書
1. 三人乗り自転車貸与中の家庭に対し、激変緩和措置として一年間延長の
貸与を、また、貸与中の車両については購入ができるように配慮すること

2.

子ども医療無料化の対象年齢を18歳未満まで拡充すること
◆ 安全・安心な医療環境の整備に関する要望書

1.

中核市移行時に、保健所の複合施設として「夜間急患診療所」を設置すること
2015年2月16日
議長日誌  

月議会の開会
本市においては、歳入面では、中心となる市税収入について個人市民税で4.1%、14億円の増額を見込など、市税金全体で2.8%、約24億円の増額を見込み、地方消費税交付金について、10億円の増額を見込み、また、市債を21億円増額するなど一般会計における歳入全体では、1.7%、29億5000万円の増額見込みであります。
新年度予算要望の回答書を受領
昨年10月14日に新年度予算要望「平成27年度川口市予算編成並び施策に関する要望書」を提出しました。
その新年度予算要望に対する回答書を、1月30日に奥ノ木川口市長より受領いたしました。
2014年1月10日
議長日誌
平成27年 新春交礼会  

昨年は延べ57人の議員が登壇し、災害対策、教育、子育て支援、産業振興、都市基盤整備など幅広い分野において質問、提言をさせていただきました。
また、地方税財源の充実確保に関する意見書など多くの意見書を内閣総理大臣を始めとする関係大臣あてに送付させていただきました。
また、本年は戦後70年をむかえます。
先日NHKで今後、日本がもっとも大切にすべき社会はとの問いに国民は「戦争がない、平和な社会」を断トツトップで要望しておりました。
ある有識者は「本当の平和とは人々の心から憎悪や偏見をなくすことである」と言われております。
くしくも川口市は「平和都市宣言」をされてから30年の節目をむかえます。
その意味でも、平和な社会を築くため全議員一丸となって取り組んでまいります。

ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Oozeki Nobuyoshi. All Rights Reserved.