大関修克 トップページ   |   最近の活動報告です   |    活動報告バックナンバー

活動報告バックナンバー

2012年12月1日
25年度の予算要望書を提出
 「25年度予算要望書」を岡村市長に提出しました。
市民の皆様から寄せられた貴重なご意見を参考に、地域要望や福祉施策など200項目を
超える予算要望を届けました。
明日につなぐ川口あんしんプラン
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
防災・減災ニューディールの推進で災害に強いまちづくり
徹底した行財政改革の推進
防犯対策・通学路を中心に交通安全対策の強化
子育て支援の充実
高齢者・障害者福祉施策の充実
安心を提供する医療・介護体制の充実
市民サービスの充実で住みよいまちづくり
 8.
 9.
10.
11.
12.
13.
14.
文化・芸術・スポーツ振興で賑わいのある豊かなまちづくり
教育改革の推進
人権擁護と生命尊重のまちづくり
不況対策・中小企業振興策・雇用対策等の推進
都市基盤整備の推進
斎場建設の早期実現
地球高温化対策・再生エネルギーの推進

 ▲ 提出する大関のぶよし
2011年10月7日
議会報告
子ども医療費通院分の無料化 (中学3年まで拡大) 10月から
今までは、子ども医療費の入院分についてはすでに無料になっていましたが、通院分についても今年の10月1日から無料になります。
窓口払いもなくなりますが、川口市外の病院にかかった場合は一旦支払うようになります。(後日戻ります)
また、費用が月21,000円を超える場合は 、一旦支払うことになります。(後日戻ります)
赤山歴史自然公園等の整備事業の基本設計が進む
自然公園の基本設計と火葬施設の基本設計が始まっております。
特に火葬施設については、多くの皆さんが期待して待っているところです。
早期完成に向けて強く推進してまいります。
<自然体験ゾーン>
水面・湿地・樹林等で構成し、多様な生物の生息空間の保全・育成を図り、家族連れから高齢者までが自然観察や自然体験等を楽しめる憩いの空間を予定。
<地域振興ゾーン>
庭木・樹木の見本園を配置するとともに、地域の案内情報の発信や特産品等の紹介を行い、環境と共生する地場産業が提供する豊かさと楽しさを体感してもらう空間を予定。
<火葬施設ゾーン>
自然体験ゾーンの水面と連続する水辺に佇む火葬施設は、建築意匠や緩衝樹林等により近親者による最期のお別れにふさわしい空間を予定。
 <赤山オアシスゾーン>
 広域的な集客の観点から、高速道路の施設と
 都市公園を一体整備し(ハイウェイオアシス)、
 高速道路を降りずに公園や地域を散策できる
 施設の実現を目指す。
 また、災害時には防災拠点となる空間を予定。
<歴史探索ゾーン>
赤山陣屋に代表される地域固有の歴史・文化資源や 、見沼に代表される近隣の豊かな自然環境等について情報発信し、公園周辺の良好な屋敷林や歴史・文化遺産に誘導する空間を予定。
地域実績
左から1枚目 ふれあい公園 時計がつきました。(近々に鉄棒がつく予定)
左から2枚目 根岸・市営住宅 階段部分に手スリを3ヶ所設置しました
左から3枚目 石神地域 電柱に街灯を設置しました
左から4枚目 根岸地域 道路にミラーを設置しました
2011年6月15日
議会報告
3月定例議会で代表質問を行いましたので、各項目の内容をご報告いたします。
(1) 国の新年度予算のなかで特に @新規就農者に1人当たり150万円を最大7年間支給する支援事業 A農業法人などについて B2013年度の全国学力テストについて、しっかり取り組むように要望。また、第4次補正予算では「安心こども基金」「障がい者自立支援対策臨時特例基金」について、しっかり取り組むよう要望しました。
(2) 行財政改革では、共通番号制度について質問を行いました。
(3) 防災については、東京湾北部直下型地震(M7.3)がきた場合の被害想定に対してどのようにして減災していくのかしっかり対応するよう要望しました。
また学校の防災機能強化を要望しました。
(4) 福祉については、成年後見制度の推進、及び地域包括ケアシステム(24時間訪問介護)の導入を要望しました。
(5) 教育については、川口特別支援学校の分校の設置を要望しました。
(6) 建設については、「火葬施設整備事業」の大成功。また、100万台が乗り降りする川口パーキングとのかかわりについては、休憩施設として温泉施設を要望しました。市庁舎建替えについては、特に地震等防災拠点機能を兼ね備えた建物を要望しました。
(7) 交通については、コミュニティーバスについて質問。10ルートで1周あたり50分以内で、20分間隔で走らせるように要望しました。
(8) 世界的に有名な「安行の植木」を市で何らかの形で保存するよう要望しました。
(9) AEDについては、貸し出しができるように要望しました。
(10) 北スポーツセンターについては、地域の防災拠点を兼ね備えた複合施設コミュニティーセンター(スポーツ施設、図書館、レストラン等)を要望しました。
(11) 門下地域は水害がかなり発生しているので、下水道管を埋設するよう要望しました
(12) 若者の就労支援をしっかり市として対応していくように要望しました。
地域実績
左から1枚目 根岸に「ふれあい公園」が完成しました
左から2枚目 根岸公民館の坂をあがる所に手スリを設置しました
左から3枚目 根岸小学校内の学童保育児の通学路を整備しました
左から4枚目 私道補助を利用し上下水道及び道路の整備を行いました
▲ 平 面 図 ▲ 断 面 図
緑川水辺周辺再生事業
  地元「緑川を豊かな環境にする会」の田中会長の要望を受け、
H16年12月の議会で取り上げ、要望が実現しました
2012年5月15日
通学路の安全対策を求める緊急要望書
京都府亀岡市で集団登校中の列に乗用車が突っ込み、10名の死傷者を出す事故が発生しました。また、千葉県館山市でも、登校中のバス停に並んでいた児童らの列に乗用車が突っ込む事故が相次いで発生いたしました。
こうした痛ましい事故を受け、文部科学省は通学路の全国調査を実施し、安全強化策を検討すると発表いたしました。
改めて通学路における児童・生徒の安全対策が求められており、本市においても通学路の安全対策を早急に実施するように5月9日(水)川口市役所に於いて、「通学路の安全対策を求める緊急要望書」を岡村市長に手渡しました。
  1.通学路の一斉点検と安全対策を早急に実施すること
  2.本市での通学路における安全対策の対応について、
    市民への周知を図ること
 


 ▲ 提出する大関のぶよし

介護事業者との懇談会
公明党川口総支部は、介護保険制度の改正に伴う介護報酬の改定や新たな介護サービス
などに対する事業者の声を聞くため、市内60以上の介護事業所を訪問しました。
4月27日(金)川口駅前行政センター・フレンディアに於いて、公明党埼玉県本部代表西田参議院議員、塩野・萩原両県会議員、川口市議 団10名が出席のもと、市内の19事業所の代表35名が参加し、介護事業者懇談会が開催されました。
市の介護保険課担当者から制度改正について説明後、質疑応答では「報酬について課題があり人材確保が難しい」「事務処理の負担が大きい」などの意見が出されました。
西田県本部代表は「皆さんの声をしっかり受け止め、公明党の福祉政策に磨きをかけていきたい」と挨拶がありました。
 

2012年4月1日
公明党の提案で実現した新年度政策
<<子ども医療費通院分の無料化(中学3年まで)10月から >>
平成24年度予算要望に対する回答書を市長から受領しました。
 ・ ヒブ(Hib)ワクチン接種の助成継続
 ・ 肺炎球菌ワクチン接種の助成継続
 ・ 子宮頸がんワクチン接種の助成継続
 ・ 乳がん、子宮頸がん検診無料クーポン券の継続
 ・ 高齢者向け肺炎球菌ワクチン接種の助成
 ・ 市営青木住宅の建替
   (保険ステーション・障害者通種施設を併設)
 ・ 南鳩ヶ谷地域子育て支援センター開設
 ・ 赤山歴史自然公園、火葬施設整備事業の基本設計開始
 ・ 地球温暖化対策活動支援金事業の拡充

 ▲ 受領する大関のぶよし
2012年1月14日
議会報告
川口市・鳩ヶ谷市合併記念式典
平成23年11月10日(木)、川口総合文化センター「リリア」音楽ホールにて合併記念式典が行われました。
また、合併に伴う市議会議員増員選挙により新たに選出された5人の議員を迎え11月18日に平成23年第5回議会臨時会が開かれました。
鳩ヶ谷市との合併後、最初の予算編成となる本市の平成24年度予算編成につきましては、長引く景気の低迷による市税収入の大幅な減少により、財源の確保は一層厳しさを増している中、歳入見直しにおきまして、川口市、旧鳩ヶ谷市の平成23年度市税収入と比べて約9億円、前年度対比1.1%の減を見込むほか、臨時財政対策債として4億円の増を見込んでも、なお一般財源全体の減少により、前年度以上に財政調整基金からの繰入額を見込まざるを得ない状況にあります。
放射能の測定及び対応について
本市では、放射能に対する市民の皆さんの不安に応えるべく、市内11ヶ所での定点測定のほか、幼稚園、保育園、小中学校、公園等を巡回測定するとともに、学校給食の食材についても12月2日から測定を開始し、その結果を公表しておりますが、

現在までの測定結果は、いずれも規定値を超えない数値であり、市民生活に支障をきたすものとはなっておりません。
また、幼稚園、保育園、小中学校の雨水桝や側溝等、雨水排水の集積所を集中的に測定することといたしました。
国が示した年間1ミリシーベルトと大地からの自然放射線量の合計数値の毎時換算値0.23マイクロシーベルトを基準値とし、この基準値等を超える周知を計測した場合には、当該計測地点が日常、児童生徒等が立ち入る箇所の場合は直ちに柵などを設けて立ち入りを制限し、状況により簡易な除染、又は表土の入れ替えなどの対策を講じることといたしました。
 

  地域実績

郵便ポストが設置されました
 セブンイレブン川口安行領根岸店

ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Oozeki Nobuyoshi. All Rights Reserved.