大関修克 トップページ   |   最近の活動報告です   |    活動報告バックナンバー

活動報告バックナンバー

2011年12月1日
24年度予算要望書 提出
11月8日(火)、「24年度予算要望書」を岡村市長に提出しました。
大項目14(施策の柱)、小項目約200(要望事項)となります。
きらり川口あんしんプラン
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
徹底した行財政改革の推進
災害対策の強化
防犯対策・交通安全対策の強化
子育て支援の充実
高齢者・障害者福祉施策の充実
安心を提供する医療・介護体制の充実
市民サービスの充実で住みよいまちづくり
 8.
 9.
10.
11.
12.
13.
14.
文化・芸術・スポーツ振興で賑わいのある豊かなまちづくり
教育改革の推進
人権擁護と生命尊重のまちづくり
不況対策・中小企業振興策・雇用対策等の推進
都市基盤整備の推進
斎場建設
地球高温化対策の推進

 ▲ 提出する大関のぶよし
新年度の主な要望内容
 ・女性の視点からの災害対策を導入
 ・川口北部に警察署の設置
 ・自転車専用通行帯の設置拡充
 ・多発する自転車事故の防止対策
 ・こども急病センターの設置
 ・病児・病後児保育施設の増設
 ・保育所待機児童の解消
 ・発達障害者(児)の自立支援プログラム
 ・市民ニーズに対応した交通網充実
・乳がん子宮頸がん検診無料クーポン券の継続
・本庁舎にコールセンターの設置
・本庁舎の窓口をワンストップ化
・文化芸術振興策の充実
・公園内で球技のできる空間の確保
・AEDマップの作成
・放課後こども教室を全小学校敷地内で実施
・男女共同参画推進センターの設置
・(旧)鳩ヶ谷市民プールの跡地有効活用
公明党の提案が実現!
 ・保育園、小中学校、公園の放射線量測定と公表(ホットスポットの除染線作業)
  公共施設の測定終了後、放射線測定器を市民に無料貸し出しを検討
 ・子ども医療費通院分の無料化(中学3年生まで拡大)を平成24年10月から実施
 ・高齢者向け肺炎球菌ワクチン助成を4月以降に実施
 ・市内の災害情報をフリーダイヤルで提供(3月開始予定)
2011年9月8日
政策実現を目指し勇躍前進!
重点要望
◇子ども医療費通院分の中学3年まで無料化については、鳩ヶ谷市との合併後、早期実現
  に向けて強力に推進していく。
◇みんななかまバス等については、鳩ヶ谷市と合併後、再度交通網の調査を行い全市的に
  ルートの見直しを図り、早期実現に向け推進していく。
主な実績
◇3人乗り自転車貸与台数の拡充
◇放射線量の定期的観測と公表
  (市内公園や公立幼稚園、小中学校の行程やプールの水質等)
◇乳児家庭全戸訪問事業の実施
◇介護支援ボランティア制度の導入
◇防災無線の内容をフリーダイヤルで聞き取れるように整備
  (9月補正後に導入予定)
◇グリーンセンター内に芝生(鳥取方式)を試験導入
◇市営住宅の入居者選定に落選回数を考慮した優先抽選
  制度の導入
 ▼ 岡村市長と公明川口市議団

 ▲ 機関誌購読推進大会 (7/24)
公明新聞6年連続有権者比率1%達成!
公明川口支部として機関誌購読数有権者比率1%を8月実配で6年連続達成。
党員・支持者のご尽力に心より感謝申し上げます。

議会報告
<都市計画審議会委員として審議を行う>
@川口市に火葬場の都市計画決定について
「7月5日に都市計画審議会を開催し、川口市に火葬施設の都市計画決定を行う」
本市には火葬施設がなく、周辺の施設に依存している状況であります。
そのため、衛生環境の向上及び、公共の福祉の増進を図り、市民が安心と安らぎを感じて
利用できる施設として、都市計画決定を行うものである。
A川口市都市計画公園に、赤山歴史自然公園 の追加について
「7月5日に都市計画審議会を開催し、川口市都市計画公園に赤山歴史自然公園を追加する」
本公園は、昭和61年に廃棄物の最終処分場用地として買収を進めていた赤山、新井宿の公有地を活用し、かねてから地元より要望があった公園を都市計画決定することにより、公共の福祉に寄与するものとともに、健康で文化的な都市生活及び、機能的な都市活動の確保に努めるものである。
地域実績
吉報
・セブンイレブン川口安行領根岸店(根岸第2町会内)に郵便ポストを設置の方向で
  準備を進めています。
長年の夢が実現
・【写真:左から1枚目】 赤山1072付近の下水道、水道、側溝、道路等の整備を行いました。
・【写真:左から2枚目】 今年7〜11月、円の部分に(赤山源長寺)下水管が埋設されます。
青少年育成委員の任命をうける
・根岸公民館地区青少年育成委員会を開催
・【写真:左から3枚目】 川口市に埼玉県南児童相談所の設置

<埼玉県南児童相談所>
   児童相談所には件の相談機関として、子どもについての相談に応じ、それぞれの

   問題解決に必要な指導授助を提供するところです。
所在地 川口市芝下1-1-56
電話 048-262-4152
交通 電車:京浜東北線 蕨駅東口徒歩20分
バス:川口駅東口行き「消防本部入口」下車徒歩2分
2011年6月9日
議会報告
●東日本大震災による市内公共施設の被害状況について

川口市役所のシンボルとして親しまれてきた本庁屋上の望桜が一部損傷を受け、落下の恐れもある危険な状況となりましたので、やむを得ずその一部を解体撤去いたしました。
また、市民会館がホール内内部壁のタイルの落下や天井材のひび割れ等が八歳いたしましたことから、当分の間、休館するとともに耐震診断を実施し、施設の存続について総合的に検討することとなりました。
そのほか一部施設におきましても、窓ガラスの破損等がありましたが、幸いにも市内でも人的被害はなく、全体としては軽微な被害にとどまりました。

 
 5月10日 宮城県石巻市にて
●今回の震災による本市へ避難されている方々への支援について
被災地から本市へ避難された方々を去る3月16日から婦人会館で、同17日から南平公民館で受け入れました。また、同18日に250名の受け入れが可能な西スポーツセンターを新たな避難場所として開設しました。
本市としてこれまで延べ41世帯・137名の方々をボランティアの皆さんの協力を得ながら支援や運営に携わってきましたが、発生から約2ヶ月が経過し、現在避難者の方々はご自宅へ戻ったり、新たな住まいに移ったりされておりますので、本日をもって避難所としての昨日を終了することといたしました。
また本市では、避難されている方々の経済的負担を出来るだけ少なくするため、市内公共施設の使用料をはじめ、市内の保育所や幼稚園の保育料及び、市立高等学校への入学料等々の免除のほか、上下水道料金を入居から一年間全額免除することとしました。
●東日本大震災に伴う市内中小企業者への支援について
本市として3月19日、川口商工会議所をはじめ、工業・商業・運輸・建設・農業等、各分野の市内の産業団体及び、金融機関や東京電力と「震災等の影響に関する経済団体との意見交換会」を開催いたしましたところ、ガソリン等の燃料の確保難、計画停電による経済活動の制約、受注の大幅な減少、原発事故による風評被害など先行きへの不安等々が吐露され、改めて市内産業界の厳しい経営実態を認識したところです。
本市の支援策として、ひとつは東電に対して「企業経営に配慮した電力の有効的配給に係る緊急要望」を提出したところです。
また、金融支援策として昨年12月から実施しております中小企業制度融資の貸付利率の引き下げ処置を本年4月以降も延長して実施することといたしました。
また、川口商工会議所及び、川口市商店街連合会とともに「消費拡大事業」を開始し、6月を消費拡大月間と位置づけ、「消費拡大キャンペーン」を行っていくこととしました。
地域実績

< ここまで進んでいます >
「仮称 根岸ふれあい公園」の整備について、5月9日の根岸第二町会の役員会で川口市公園課の方々にも出席いただいて説明を行いました。
6月中には公園暫定整備工事を行い、7月には暫定供用開始をする予定です。
最終的にはH23年度内に、整備完了併用開始となります。楽しみに期待していて下さい。
2011年5月19日
市長へ緊急要望書を提出
東日本大震災の被害状況から、自然災害に対する脅威を改めて認識し、震災対策の重要性を求められております。
同時に、更なる住みよい川口市の実現を望む市民の声を受け5月17日、岡村市長へ「安心・安全な住みよいまちづくりを求める緊急要望書」を提出しました。
【災害対策の強化】
 ・川口市の液状化防止対策等

   防災計画の見直し
 ・防災無線の整備
 ・災害時の情報通信対策
 ・避難所の再点検と鍵の管理や
   備品の見直し
 ・本庁舎の建て替え
  (防災対策本部の機能充実)
 ・耐震診断・耐震補強の助成金の拡大
 ・集中豪雨対策
  (雨水貯留管の設置・河川整備)
 ・被災者生活再建支援法の円滑運用
【子育て支援施策の充実】
 ・子ども医療費通院分の

   中学校3年生までの無料化
 ・保育所待機児童の解消
 ・学童交通指導員の存続
【福祉施策の充実】
 ・赤山歴史自然公園等の早期実現

 ・障がい児の学童保育
  (放課後の居場所)の拡充
 ・単身高齢者世帯の見守り体制の強化
 ・市営納骨堂の拡充
  (合葬式納骨堂の設置)
 ・国民健康保険制度の県への一元化
【住みよいまちづくりの推進】
 ・川口駅(中距離電車の停車等)の整備

 ・西川口駅周辺に運転免許センターの設置
 ・ミニバスの導入でルート拡充
  (利便性の向上)
 ・自転車専用レーンの設置拡充
 ・公共下水道未整備地域に早期敷設
 ・区画整理事業の更なる推進
2011年4月5日
地域実績
赤山歴史自然公園等検討委員会進む!

計画ではこの施設内に、修景池・ドッグランなどが整備される公園の他、ハイウエイオアシス・火葬施設・歴史自然資料館・地域物産館の建設などが構想されています。
特に火葬施設については、川口公明党が市民14万321名の設置要望署名を取りまとめて提出し
(H13年2月23日)今回の事業計画に盛り込まれた経緯があり、川口公明党が実現化に大きな役割を果たしました。
 

▲ 根岸に公園が誕生!
  
▲ 新井宿に
  諏訪山町会会館が誕生!
▲ 道合高層住宅に
  スロープが設置!
教職員宿舎の跡地が皆様の要望により公園になりました。
現在、若干の遊具があり、23年度内に完成予定。
町会の皆様より会館を建てたいとの強い要望があり、市と協議。現在の敷地に決めることができました。 車イス等の方々の為にスロープを設置できないものかとの相談を受け、市と協議。
設置することができました。
▲ 源左衛門新田
  都市ガス化進む!
▲ 源左衛門新田に下水本管
  埋設工事が実現!
▲ 移動図書館
  あおぞら号が巡回!
町会の皆様より安心安全な街づくりとして都市ガス化できないものかとの相談を受け、東京ガスと協議。ガス本管を引き込むことになりました。 市に3年がかりで予算化を進めて、下水本管埋設工事がついに実現。
※敷地内接続工事費については、50万円まで無利子で融資が受けられます。
〜根岸小学校入口にて〜
利用者に喜ばれています。
<巡回日時>
・根岸小学校入口
 第一、第三木曜日
 午後2時〜4時
   <その他、主な実績>
     ・神根福祉センターに投票所

     ・北園団地内、グリーンベルト設置

     ・さざんか通り、アレルギー解消

      (どんぐりの木からさざんかの木へ)
     ・荒川、綱代橋にフェンス設置

     ・柳根橋のバリアフリー化

     ・下水道整備推進

      (道合、根岸、木曽呂、石神、赤山)
     ・川口市にパスポートセンター設置
▲ 木曽呂地域に
  ゴミ置場が完成!
ゴミ置場が狭くて不便でしたが、芝川沿いに待望のゴミ置場が設置され、地域の方々も大変喜んでおります。
2011年3月27日
副議長日誌 〜 平成23年度当初予算の特色〜
平成23年度の予算は、一般会計 1,489億7000万円で対前年度比で4.5%増である。歳入においては、依然として厳しい状況にある景気の影響により市民税の大幅な減を見込み市税全体では2.2%の減を見込んだ。この減収分を補うため、財政調整基金からの繰入れを前年度に比べ、14億8,000万円増額し、54億5,000万円とした歳入においては、生活保護費、子ども手当等、扶助費を中心とした民生費が、51億円、9.1%増加している。
依然として厳しい財政状況ではあるが、安心、安全、市民生活の安定などを念頭に、 以下の点に重点をおき、各予算を編成してい る。
1 安心、安全 (2,082,761,000.)
 ・小中学校の耐震補強事業(工事)

   青木中央小学校改築事業(工事)
 ・十二月田中学校、仲町中学校
   改築事業(実施設計)
 ・新学校給食センター建設事業(実施設計)
 ・市営青木住宅建替事業(実施設計)
 ・河川整備事業
 ・地盤災害から市民を守るための
   造成地の調査事業

2 市民生活の安定 (22,505,889,000.)

 ・障害者福祉施設整備強化支援事業

 ・予防接種事業
 ・住宅手当緊急特別措置事業
 ・奨学貸付事業
 ・福祉資金貸付事業

 ・求職支援・相談事業
3 子育て支援の充実 (15,681,025,000.)

 ・上青木保育所改築事業(工事)

 ・子ども手当支給事業
 ・民間保育所、家庭保育所
   留守家庭児童保育所事業
 ・放課後子ども教室事業
 ・子ども医療費、疾児・疾患児保育事業
 ・乳児家庭全戸訪問事業
4 均衝ある地域整備 (9,401,328,000.)
 ・区画整理事業

 ・下水道事業
 ・都市計画・整備事業
 ・「根岸ふれあい公園」拡張事業
 ・市街地総合整備事業
   地街地再開発事業
 ・交通網の充実

5 産業の復興 (368,003,000.)

 ・中小企業資金融資事業

   中小企業診断等事業
 ・工業振興事業
 ・国際園芸博覧会出展事業
 ・産学連携支援事業
 ・川口農業塾開催事業

6 ようこそ川口キャンペーン (35,784,000.)

 ・川口PR事業
 ・レンタルサイクル事業
 ・映画祭関連事業

7 その他

 ・地球温暖化・対策活動支援金事業

 ・学校給食食器改善事業
 ・学校給食発注事業
 ・赤山歴史自然公園等の整備事業
2011年3月25日
川口市の水道水の報道発表について
東日本大震災による福島第一原発の影響から、市内4ヶ所の浄水場のうち新郷浄水場で22日に採取した水道水に、放射性ヨウ素が食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値の100ベクレル/キログラムを超過する120ベクレル/キログラムの濃度が測定されたことから、「安全・安心な水道水の供給を求める緊急要望書」を岡村川口市長に提出しました。
<岡村市長に要望した内容>
  1.毎日、浄水場の検査をし、放射性ヨウ素の測定値を公表すること。
  2.測定値が、食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値を超えた場合
    即座に公表し、乳児がいる家庭を優先に、対策を講じること。
  3.非常事態に備え、今後考えられる様々な対策を速やかに講じること。
2011年2月10日
川口市・鳩ヶ谷市 合併調印式
1月28日(金)午後4時から、「川口市・鳩ヶ谷市合併協定調印式」が川口駅前フレンディアにて行われました。
合併の期日も、本年10月11日と2市の法定合併協議会で決定いたしました。
調印式では
これまでの経過報告 や協定書の概要説明があり
岡村川口市長と木下鳩ヶ谷市長が49項目の協定が記載された合併協定書に署名・押印を行いました。
2011年1月6日
新春交礼会にてあいさつ
1月6日(木)リリアのメインホールにおいて、川口市恒例の新春行事「新春交礼会」が盛大に開催されました。
「本年は川口市創立78周年になりますが、川口市の20年先、30年先を見据えた大変大事な赤山歴史自然公園等の整備事業がいよいよスタートします」とあいさつ。
本年が皆様にとってすばらしい年となりますよう願って、バンザイ三唱を行いました。

ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Oozeki Nobuyoshi. All Rights Reserved.