川口市議会議員

 大関 のぶよし


携帯電話でも
ご覧頂けます
 
 
 


ごあいさつ

皆様の真心からの御支援に深く感謝申し上げます

「1人の声を大切に」をモットーに、皆様の声を数多く市政に反映することができました。
今後も現場第一で、一生懸命頑張って参りますので、より一層のご支援を賜りますよう
心よりお願い申し上げます。

大関修克 トップページ   |   最近の活動報告です    |   活動報告バックナンバー

    プロフィール

県立宇都宮高校 を経て、芝浦工業大学建築学科卒業
妻・娘・息子の4人家族
設計事務所に27年間勤務(建築設備士等の資格を持つ)
平成15年4月に市議会議員に初当選、現5期
公明党川口市議団 団長
公明党川口総支部 幹事長
都市計画審議会 副会長

国民健康保険運営協議会 会長  等

    政 策

子ども医療費(通院分)を18歳未満まで無料化に 避難所となる学校体育館にエアコンの設置
災害対策(地震対策 ・水害対策等)の更なる推進 要配慮者へのさらなる対応(LGBT含む)
50m屋内国際プール等、神根運動公園の整備 通学路を中心に防犯カメラ等を含む
川口駅の拡張及び道の駅の整備   交通安全対策の強化
SDGsの達成に向けた取組体制の構築 避難所におけるプライバシー
小中学校におけるオンライン学習の早期導入   (カーテン・テント・洋式トイレ等)の確保
いじめ防止対策の拡充、スクールロイヤーの拡充 中小企業支援策の拡充

 

    最近の活動報告                活動報告バックナンバーはこちら

2021年11月1日
9月市議会 増額補正
川口市はコロナ禍において税の減収を見込んでいましたが、市民税・固定資産税・都市計画税を合わせた市の税収が、今年度の当初見込みから約34億円の増収となりました。
9月定例会で増額補正をしましたが、これは1989年度以来の事となります。
奥ノ木市長より、「公明党の力強い後押しがあり、政策を進めることができている」との評価を頂いています。

▲ 奥ノ木市長と話す
大関のぶよし


ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Oozeki Nobuyoshi. All Rights Reserved.