川口市議会議員

 大関 のぶよし


携帯電話でも
ご覧頂けます
 
 
 


ごあいさつ

皆様の真心からの御支援に深く感謝申し上げます

「1人の声を大切に」をモットーに、皆様の声を数多く市政に反映することができました。
今後も現場第一で、一生懸命頑張って参りますので、より一層のご支援を賜りますよう
心よりお願い申し上げます。

大関修克 トップページ   |   最近の活動報告です    |   活動報告バックナンバー

    プロフィール

県立宇都宮高校 を経て、芝浦工業大学建築学科卒業
妻・娘・息子の4人家族
設計事務所に27年間勤務(建築設備士等の資格を持つ)
平成15年4月に市議会議員に初当選、現3期
公明党川口総支部幹事長
都市計画審議会 委員

新庁舎建設基本計画審議会委員 等

    政 策

子ども医療費(通院分)を中学3年生まで無料化に 特別養護老人ホームの増設
災害対策(地震対策 ・水害対策等)の更なる推進 障がい者自立支援策の拡充
赤山歴史自然公園等(ドッグランの併設)の建設 若者就職支援センターの更なる推進
火葬場の早期建設 議会改革の推進
下水道本管の更なる整備 中小企業支援策の拡充
保育所増設・保育時間の延長で待機児童対策  

 

    最近の活動報告                活動報告バックナンバーはこちら

2020年8月1日
議会報告 No,
3月度定例議会にて代表質問を行いましたので、抜粋を2回に分けて掲載します。
6.教育の取り組みについて
  (1) 2018年学習到達度調査(PISA)について
  世界第15位の課題の「読解力」に対して「情報を探し出す能力」「理解する能力」「評価し、熟考する能力」等にしっかり取り組んでいく。
特に論理的思考力を身につけ、プログラミング教育必修化に対応していきます。
  (2) 学校の体育館について
  先に、中学校全26校の体育館に空調機を3年間で設置していく。
また多目的トイレ、更に照明のLED化に向けて検討していきます。
  (3) 中高一貫教育について
  令和3年4月に川口市立高等学校付属中学校を開校します。
特色として外国人講師による英語授業やサイエンスフィールドワークにおける地層観察や気象観測、天体観測による体験活動等を行います。(奥ノ木市長)
  (4) 不登校対策について
  感各学校が生徒1人1人のニーズに応じた体制(専用の教室設置等)の充実を図っていきます。
7. 福祉と本市の取り組みについて
  (1) 児童虐待について
  今年度は1月末で224件ありました連絡があった際には48時間以内に安全確認を実施している。
また(仮称)「子どもの権利を守る条例」の早期の制定に向けて、取り組んでいきます。
  (2) 農福連携について
  障がい者が生産に携わった農林水産物の「ノウフク、JAS」の認証取得をすすめていくことで付加価値が高められ消費者の更なる購入につなげていきます。
8..建設と本市の取り組みについて
  (1) 50m屋内国際プール等神根運動公園について
  「水泳競技にゆかりのある川口市にとって悲願でもある50m屋内国際プールの県からの誘致に全力で取り組んでいく。」との奥ノ木市長の決意がございました。
  (2) マンション管理認定制度について
  マンションの修繕積立金の状況等自治体が調査・認定を行うもので、これにより耐震化も進めることが可能になる。
また国は認定物件には税制上の優遇処置などを検討するとしています。
9. 環境と本市の取り組みについて
  SDGsの17項目は福祉・教育・ジェンダーといった「社会分野」、働きがい・経済成長・技術革新といった、「経済分野」、気象変動・海・陸の資源の保全といった「環境分野」に関するものです。
SDGsの17項目(貧困)(飢餓)(福祉)(教育)(ジェンダー)(水・衛生)(エネルギー)(経済成長と雇用)(産業と技術革新)(不平等)(持続可能な都市)(持続可能な消費と生産)(気候変動)(海洋資源)(陸上資源)(平和)(パートナーシップ)について取り組むことによって、更なる川口市の住み良い街の発展につなげてまいります。(奥ノ木市長)
10. 交通と本市の取り組みについて
  (1) 川口駅の拡張について
  奥ノ木市長より「JR側より様々な課題も含めて丁寧な説明をいただきました。
是非とも『住みやすい街』川口の更なる発展を目指し、中距離電車の停車実現に向けて全力で取り組んでいく。」との決意がございました。
尚、既に、国の交通政策審議会において「川口駅・鶴見駅におけるホームの新設」と記載されています。
11. 医療と本市の取り組みについて
  (1) 診療報酬について
  働き方改革に伴い、役割分担推進の委員会を設置し勤務医の労働環境の改善に取組む。
また12対1の体制を維持できる看護職員の確保に取り組んでいきます。
12. 経済と本市の取り組みについて
  (1) 道の駅について
  本市、特産の植木を中心とした花きを含む地元農産物の直売や、災害時の防災機能、また高齢者や子どもへの配慮など、今後、川口緑化センターの個別施設計画に基づく施設の保全と併せ、まずは調査研究を進め、魅力あるより良い道の駅にしていきます。(奥ノ木市長)
13. 文化芸術と本市の取り組み
  (1) 美術館設置について
  川口駅周辺の市所有地に延床面積約4300uの美術館を予定。
展示室の他にコンベンション機能やパーティーができる多目的ホールも検討していきます。(奥ノ木市長)
  (2) 赤山陣屋の発掘•調査について
  国や県の史跡として指定を受けるためには、新たな資料の発見が不可決です。
その為にも用地取得を進め発掘調査を実施して参りたい。
14.地域問題について
  (1) 根岸公民館、体育館建替について
  地元町会や利用者の要望等を伺いながらバリアフリーにも配慮した施設となるよう早期に進めていきます。
  (2) 柳根町地域の水害対策について
  柳根町公園のグランド地下に600㎥(25mプール、2杯分)の雨水貯留施設の整備をしていきます。


ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Oozeki Nobuyoshi. All Rights Reserved.