川口市議会議員

 大関 のぶよし


携帯電話でも
ご覧頂けます
 
 
 


ごあいさつ

皆様の真心からの御支援に深く感謝申し上げます

私は「1人の声を大切に」をモットーに、皆様の声を数多く市政に反映することができました。
今後も現場第一で、一生懸命頑張って参りますので、より一層のご支援を賜りますよう
心よりお願い申し上げます。

大関修克 トップページ   |   最近の活動報告です    |   活動報告バックナンバー

    プロフィール

県立宇都宮高校 を経て、芝浦工業大学建築学科卒業
妻・娘・息子の4人家族
設計事務所に27年間勤務(建築設備士等の資格を持つ)
平成15年4月に市議会議員に初当選、現3期
公明党川口総支部幹事長
都市計画審議会 委員

新庁舎建設基本計画審議会委員 等

    政 策

子ども医療費(通院分)を中学3年生まで無料化に 特別養護老人ホームの増設
災害対策(地震対策 ・水害対策等)の更なる推進 障がい者自立支援策の拡充
赤山歴史自然公園等(ドッグランの併設)の建設 若者就職支援センターの更なる推進
火葬場の早期建設 議会改革の推進
下水道本管の更なる整備 中小企業支援策の拡充
保育所増設・保育時間の延長で待機児童対策  

 

    最近の活動報告                活動報告バックナンバーはこちら

2018年7月1日
議会報告 No,2
3月度定例議会にて代表質問を行いましたので、その抜粋を2回に分けて掲載致します。
6.建設と本市の取り組みについて
  ●神根運動場について−平成30年度に現況調査や市民の意向調査などを行い本市にふさわしい施設のあり方など多面的に研究し基本構想につなげていきます
7.交通と本市の取り組みについて
   (1)JR川口駅、中距離電車停車用ホームの増設と周辺地域について
  ●再開発事業について−市の保有地活用
と既存商業店舗等の再建築など再開発事業を進めることは街づくりを、大きく発展させるとともに補償費削減に繋がる
   (2)交通バリアフリーについて
  ●川口駅東口について−国は「ユニバーサルデザイン2020行動計画」等にバリアフリー化の推進を示されましたが、この方針を受け川口駅東口駅前広場のバリアフリー化に向け、「エレベーターの増設」・「歩道の整備」「ガードレールの設置」や「植栽による車路進入の防止対策」・「バス停留所の段差解消」・「案内表示」の充実など一体的な整備を平成31年4月を目処に方針を整理していきます。
   (3)ゾーン30について
  ●所轄の警察署で選定しており選定基準の中で交通事故発生件数を勘案しながら通学路対策を強化すべき、地区を抽出し、小学校を中心とした区域を積極的に選定していく。
8.環境と本市の取り組みについて
   (1)空き家対策特別措置法について
  ●所有者不明の空き家で売却が可能と見込まれるものについては「相続財産管理」や「不在者財産管理人」の申し立てを行っていきます。
結果として空き家は「相続財産管理人」によって売却され新たな所有者によって解体が行われる
   (2)地球温暖化対策について
  ●燃料電池自動車について−燃料電池自動車は水素と酸素を化学反応させて電気
を作り、モーターで走行する、次世代自動車です水素社会の実現に向けてH30年、夏頃公用車として導入する
9.医療と本市の取り組みについて
  ●介護職について−勤続年数10年以上の介護福祉士に対しては、月8万円UPとなります(平成31年10月より実施)
●身体拘束等の適正化検討委員会開催について−特別養護老人ホームやグループなどの施設系サービスにおける身体的拘束等の更なる適正化検討委員会の開催が3ヶ月に1回以上の割合で開催を義務化しました
10.文化芸術と本市の取り組みについて
   (1)赤山城跡保存整備事業について
  ●土地について−赤山城跡保存整備事業地の総面積約12万8,000uのうち未購入の用地は10万5,000uです購入金額はおおむね54億円です
●伊奈サミットについて−本市をはじめ、つくばみらい市・伊奈町は江戸幕府のとき中心的な役割を担うと共に関東において利根川・荒川の治水をはじめ新田開発街道整備、橋の建設等を行い関東地域の発展の礎をつくった関東代官伊奈氏とゆかりの深い自治体です。
2市1町が伊奈サミットの開催を通じて交流を図ることはすばらしい
   (2)美術館設置と再開発事業について
  ●美術館設置について−文化芸術は市民の暮らしの中で培われた価値ある財産でありその活用により、豊かな感性や人間性を育み、創生・発展するものと認識しております。
また、地域に根付く芸術を掘り起こし、次世代へつなげることで、賑わいの創出や人とのつながり、新たな産業や観光の価値を高めることになり地域の経済の好循環をもたらすものでもあります
11.地域問題について
   (1)新井宿駅周辺の市街化調整区域について
  ●今後の取り組みについて−土地利用方策として、農家レストランや農産物直売所等、農業振興施設の認定制度や、流通業務施設等の産業系施設を誘致する制度等がありますが、更に、様々な角度から検討していきます


ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Oozeki Nobuyoshi. All Rights Reserved.